子犬のお届け方法

ご見学後、契約が完了しましたら、日本全国どこでもお届け可能です。

飼い主様のご希望の日時に合わせて子犬をお届けいたします。

空輸便の予約、陸送(トラック)便の予約、子犬お受け取り後のブリーダーへの連絡など、すべて当店にお任せください。

PADOGグループでは、ご自宅までお届けも可能です。

ご自宅までお届け希望の場合は、別途費用は掛かります。

ご質問下さい。

現在ご自宅まで、お届け可能地域は、関東、中部、関西です。

PADOGグループの担当者が子犬をお届け致します。もちろんご自宅で心配事やご相談などして下さい。

送料について

大型犬(子犬)の重さやお届け場所によって、詳細を個別にご案内いたします。

空輸(直行便)  ¥1,0000~15,000 ※子犬の大きさに合わせて決定します。
空輸(経由便)  ¥15,000~20,000 ※子犬の大きさに合わせて決定します。
陸    送  ¥8,000~15,000 ※仔犬の状況によりお受けできない場合もあります。
PADOGお届け  ¥5,000~15,000 ※実費+距離にて対応いたします。
直接お迎え  ¥0 ※お近くの方は、是非犬舎までお引取りにお越しください。 

 

空輸について

空輸は、仔犬の長距離移動において負担が少なく、欠かせない方法です。 トラック便では長時間かかる場所へも、平均約1時間半のフライトでお届けが可能です。 ブリーダーより仔犬を、お客様の最寄空港までお届けいたします。 直行便や経由便、仔犬の大きさや、ブリーダー宅から空港までの距離などで料金を個別にご案内いたします。

※7月~9月のシーズンのみ、航空会社の規定により、空輸のお取扱できない犬種と地域がございますので、予めご了承ください。基本的に年間を通して空輸可能です。

●空輸可能な航空会社

■ JAL 日本航空

直行便(または経由便)にて、日本全国へお届可能です。 一部、貨物を受付けない空港がございます。 犬種によっては通年ご利用不可。 http://www.jal.co.jp/

■ ANA 全日空

直行便(または経由便)にて、日本全国へお届可能です。 一部、貨物を受付けない空港がございます。 7~9月は、犬種によってはご利用不可。 http://www.ana.co.jp/asw/index.jsp

※ 1回目のワクチンを接種し、その後の経過が順調であることを確認した後、ブリーダーの都合と調整の上、ご希望の日に合わせてお届けいたします。仔犬の体調や天候により、日程が変更になる場合もご ざいますので予めご了承ください。

●空輸手配の様子

 

貨物ターミナルの受付窓口に到着。 ワンちゃんが車酔いしないように、車中はダッコして行きます。

 

 

貨物ターミナルの様子。 到着したワンちゃんをお受取いただくのも、貨物ターミナルとなります。

●バスケット等に入れてお届します。

航空会社の規定により、あまり重くならないよう、丈夫で軽いプラスチック製のバスケットでお届しています。
バスケットのサイズは、子犬の大きさに合わせて選び、けがを防ぐために、余計なものは一切入れません。
冬場は、寒くないように、オシッコシートの下に使い捨てカイロを入れたり、風が入りにくいように対策を行います。
乗までは、エアコンの効いた事務所内などで保管されます。
飛行機の中では、客室と同じように、温度調整や気圧調整がされていますので安心です。

 

ワンちゃんをお送りするバスケット(ブリーダーにより仕様は異なります。)。 ワクチン証明書を貼り付けています。

 

オシッコシートを敷き、クッション効果と汚れ防止のために新聞紙を入れます。 今食べているドッグフードを貼り付けています。

 

お水を飲ませてあげて、ワンちゃんに異常が無いかを確認します。 元気で可愛がってもらうんだよ。

 

受付カウンターへ。 空港スタッフの皆さんも心得たもので、とても優しく扱っていただけます。

●空港からご自宅までの移動について

■電車での移動の場合 JRの場合は全国一律270円で一緒に乗車できます。
ワンちゃんが外に飛び出さないよう、バスケットに入れたまま、 駅の窓口で、 駅員さんに一緒に乗車することを伝えてください。 駅名と日付を書いた札を発行してくれますので、 その札をケースにつけて 乗車します。
車掌さんが切符を拝見に来た場合も、その札を見せてください。 車内は温度管理できていているので、数時間の移動でしたら、暑さ、寒さ対 策も心配ありません。

■自動車で移動の場合 バスケットに入れたまま、動かないよう膝の上でしっかりと持ってあげてください。 一人の場合は、バスケットが動かないように、シートベルトや紐などを利用して、 しっかりと座席に固定しましょう。 季節に合わせ車内の温度管理をしてください。 もちろん安全運転をお忘れなく。

※お水は忘れずに用意しておいてください。 (水道水またはアクエリアスなどがお勧め。ミネラルウォーター×)

陸送(トラック便)について

現在、子犬などの命があるものの場合、ご自宅へ直接お届けというサービスがありません。
そのため、ご希望の受け取り日時を決めていただきましたら、ブリーダーが利用している運送会社の、ご自宅から一番近い営業所をお調べして、その営業所までのお届けとなります。 道路状態などにもよりますが、子犬は夜出発し、夜中から明け方頃、営業所に到着します。(窓口は24時間対応可能です。) 陸送の場合は、飛行機に比べ長い時間が掛かります。
できるだけ空輸を選択したいのですが、ブリーダーから近場の移動の場合はやむを得ません。
子犬への負担を考え、長距離のご利用はできません。
また、真夏や真冬の時期などは、ご利用いただけない場合もあります。 到着したら連絡がもらえるように、事前に依頼をしておきましょう。(伝票No.を伝える事。)
夏場の暑い時や冬場の寒い時は、使い捨てカイロやドライアイスを利用し、温度調節の工夫をするように、ブリーダーにお伝えしています。
子犬の状況や気候の兼ね合いで陸送が難しい場合、近距離に限りますが、当店がお客様のご自宅や待ち合わせ場所までお届けする事も可能ですので、ご相談ください。

犬舎まで直接お迎えにお越しいただく場合

ご希望の受け取りの日時を事前にお知らせいただき、ブリーダーの犬舎でお引取りいただきます。 もちろん送料はかかりません。日時はブリーダーの都合と調整が必要です。午前中は犬のお世話で都合がつき難い場合が多く、基本は午後からのお迎えをお願いいたしております。